Taeko Morita

Job Title Partner
Country Japan
Current Employer Nishimura & Asahi
Taeko Morita is a partner of Nishimura & Asahi.  She is admitted to practice in Japan (2004) and New York (2011).  Since she joined Nishimura & Asahi in 2004, she has been involved with various types of corporate matters, including M&A, compliance and corporate group internal controls.  Her practice area covers a wide range of general corporate matters mainly related to the Companies Act and the Financial Instruments and Exchange Act.  Recently, she has been focusing on areas of corporate governance and also handling matters related to consumer laws.


西村あさひ法律事務所パートナー弁護士。2003年京都大学法学部卒業、2004年弁護士登録、2010年ペンシルベニア大学ロースクール卒業(LL.M.)、2011年ニューヨーク州弁護士登録。
コーポレートガバナンス、株主総会、M&A、コンプライアンス等の企業法務案件を取り扱う。景品表示法等の消費者法制分野も手がける。
著書・論文として「議決権行使の実質化と議決権行使助言会社の規律をめぐる動向」(共著、商事法務2197号、2019)、「フェア・ディスクロージャーと建設的対話のベストプラクティス」(共著、商事法務2163号、2018)、『企業集団における内部統制』(共著、同文舘出版、2016)など。